輪輪逍遥

とある西洋古道具屋のおやじの、仕事を離れた主に自転車などにまつわる趣味の話
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
丸裸
JUGEMテーマ:日記・一般

R0011334.JPG
家を出ていつもの坂道を上っている時に
「冬らしい、明るい景色になったなあ」と、思ったのですが

「ちょっと待てよ、落ち葉が全く無い」と気がつきました
つい先日まで秋らしい紅葉を見せていた街路樹がいきなり丸裸です
落ち葉も全く落ちていません
道理で明るい訳だ
いや、明るすぎる

これ以上は切れないと言うぐらいに、剪定されて切り詰められてしまっていました。今の時期にこんなに切ってしまうもんなんだろうか?
想像するに、「落ち葉の掃除が大変だ、なんとかしろ」と言う苦情が道路管理者にあったりしたのではないのかな。確かに、近所の人は掃除がたいへんだろうなあと通りがかるたびに思っていたのですが。

確かにゴミひとつ落ちていない道路は綺麗なのですが、何か物足りなさを感じてしまうのは僕のわがままでしょうか?

この坂道は家を出てすぐ始まる長い登りです。今日は近所で用足しのために20Kmほど自転車で走り回っていたのですが、このあたりの道路はいつも登っているか下っているかと言う調子で平らな所が少ないのです。固定ギアの自転車で走り回るにはたいへん美味しい地形と言えるかもしれません。(笑)

この季節に自転車で移動する事の良い点として、常に体がぽっぽと暖かくて寒さ知らずと言う事がありますね。冬こそ自転車ですね
| ポタリング | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0)
wednsday 27th
暑さも少しピークを過ぎた午後自転車に跨がりました
今日はしばらく川沿いに下ろうと思いました
走り出して間もなく、花畑の横を通り過ぎる時に何か違和感が

something weird

戻って確認、やっぱり人間じゃなかった
こんな首までありました
いったい何のつもりなのか意味不明だが悪趣味だ

why doll head?

気を取り直して走り出します
沿道には、あちらこちらで写真にも写っている花が咲いていてにぎやかです
最近は平日でも歩いている人、ランニングしている人などが多くて、土手道もあんがいすれ違ったり追い抜いたりという事が多いです。両側から夏の草が侵略していて道幅が極端に狭くなっているので、すれ違いも大変です。途中から県道に出て無事、横浜は六角橋のNATANE CAFEさんに到着。

考えてみるとNATANEさんには何回もパンを買いに来たりとお邪魔しているが、自転車以外でここに来た事は無かった。目的はchiku_niさんのエキシビション

chiku_ni

シンプルな形ほど、それを生み出すのは簡単ではないのである
僕のように思いつきで生きている人間にはなし得ない事です

外に置いた自分の自転車が雰囲気のある窓越しに見えていい感じ

through the window

NATANEさんで出会ったお客さんもピストに乗って来ていた
固定ギアももう珍しいものではない
そんなこんなで長話をしたせいで、帰りは夜道になりました
夜風に吹かれて走るのは気持ちがよいですね

almost dark



よろしかったら、こちらも→ Antique Shop Diary
| ポタリング | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0)
世田谷線界隈
at crossing
所用があって世田谷まで出かけたついでに、世田谷線界隈をふらふらしてきました。
今や鉄道は高架なり地下化なりされているし、ビルだってにょきにょきと高層化し、町の風景はやけに立体的な所が多い。

local railway station at dusk

ところがこの世田谷線は独立軌道とはいえ走っている電車が路面電車から進化したような代物なので、界隈は平面的な風景が多くてなぜかほっとする。この辺は物件の坪単価もそれほど高くないようだし、うちのお店もこの辺に引っ越して来ようかと考えたりする今日この頃。
まあ、安目とは言っても、そんな空き物件の数があまり無いらしいんだけどね。(ご存知の方は情報下さい m(_ _)m )

weeds by rails

今回つまんない写真が多いね。時間も遅かったので、と言訳してみます。

こちらもよろしかったら、おいでませ→Antique Shop Diary
| ポタリング | 13:15 | comments(0) | trackbacks(0)
夕方の散歩
なかなか気持ちの良い夕方、ぶらりとカメラを持って自転車に跨がりました
カメラ以外はチューブとタイヤレバー、小型空気ポンプと15mmレンチをジーパンの尻ポケットに突っ込んで出かけました。
適当に走っていたら近所なのに初めての道でお寺を見つけました
R0010066.JPG

参道の途中には、鐘楼のある山門まであってなかなか立派です
R0010063.JPG

少し行くと、すぐに田園風景
R0010072.JPG
自家消費用の小さい田んぼでしょう
細い畦や水路が丁寧に整えられていますね。日本らしいミクロ的な世界。

R0010092.JPG
古い切り通しの道

R0010116.JPG
こちらは田植えも終わってますね

R0010123.JPG
田んぼって、手作りのアートですね
いいなあ、作ってみたい(大変そうだけど)
見ていると、水路を掃除したり、畦に泥を塗ったり、ゴミを取ったりと、とても細かい仕事を、あちらでもこちらでもやっています。まさに根気がいる仕事ですね。

R0010124.JPG
ごろりんちょ

おまけ
congraturations Simoni!
おめでとう、シモーニ@ゾンコラン

| ポタリング | 20:38 | comments(2) | trackbacks(0)
休憩
short break
5分と休んでいられないのは何故だろう

全く関係ない話だけど、さっきまでBS放送で「天使のくれた時間」という映画を見ていた。ニコラス・ケイジ 主演。好きな俳優です。
まあ、言ってみればラブロマンスものの話なんだけど、幸せな家庭か社会的な成功かと言う、どちらも自分には縁のないテーマだけにいろいろ感じながら観ていました。ヒロインのティア・レオーニという女優さんの存在感もニコラス同様、妙にリアリティがあって、映画を見ているうちに自分も彼女との幸せな生活を渇望しているかのような錯覚に陥りました。実現するかもしれなかった、もうひとつの人生の選択という訳ですね。
 ニコラス・ケイジの主演する映画には何か、喪失感のようなものが漂う物が多いような気がする。そういう物を演じさせると似合う俳優さんなのかもしれません。
 映画は事実上ハッピーエンドなんですが、見終わった後に喪失感の余韻が残ってしまったのは観ていた自分の方に問題があるせいですね。いまだに人生と言う電車にうまく乗れていない気がするわけです。それも自分の人生な訳で、映画のようにはラッキーなどんでん返しというのは期待できないでしょう。ニコラス・ケイジが演じるような人間で自分がなれそうなのは「リービング・ラスベガス」の主人公ぐらいかな。まあ、それも実際には無理でしょうけど。
 こう書くとすごく自分の人生に悲観しているようですが、いや、それなりに幸運に恵まれて生きているなという自覚はあるんですよ。映画と実人生は違いますからね。どんな人間にも実際には実現しなかったいろいろな可能性というのはあるでしょう。
 しかし、いったい誰に向かってこの文章は書いているんでしょうね。ブログって変な物ですね。
| ポタリング | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0)
変な天気

小止みになるまで橋の下で雨宿り〜るんるん



むむっ!!!


一時はやんだと思ったのに,結局しっかり降られました
冷たい雨だった,最後は雷まで鳴ってるし雷
| ポタリング | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0)
ちょっと長めの散歩へ
今日は仕事はなし
午後いっぱいサイクリングと決めて,さて何処へ行こう。
取りあえず都内方向へ向かう事にして出発。
うちから東に向かうには,いきなり家の前から500メートルほどの長い登り
ギーコギーコ、おっ,やっぱりニュータイヤは登りの漕ぎが断然軽いぞ
ギーコギーコ ギーコギーコ

ふと思いついてボロ市の時に見つけたTRUNKさんに行ってみる。
基本的にアローの自転車を売るお店だそうですが,置いてある小物や古いものがまた魅力的です。
ここで見つけた写真のノートブック。自分としては珍しくものすごく欲しくなって買ってしまいました。
どうやって使おうか考えるのも楽しい。
普通にノートとして使う以外にも、会った人にサインもらうとか。
思い出して寄ってみて良かった


その後さらに東へ
途中青山のギャラリーに、これも思いつきで立ち寄ってから外苑へ
絵画館前あたりを意味も無く,強いていえば懐かしいのでうろうろ
その後新宿へ抜ける
都心を自転車で走るのは結構楽しい
交通は混沌としているけど、その方が自分が走るべきラインが見えやすくて走りやすい。
郊外の狭い路肩を車に気を使いながらひたすらまっすぐ走るより余程らくちん
混雑した駅の構内をすばやく歩くのと似ている
読みとひらめき,まず外れる事は無い
もちろん安全第一,すり抜けるような走りはしません、なるべく。

ふと思いついて新宿から青梅街道を西へ向かう
小さい頃住んでいた中野の裏路地を見たくなったのだ
鍋屋横丁近くの追分通り
久しぶりで記憶が曖昧すぎて見つからない
母に電話したり,地元の人に尋ねたりしてやっとたどり着く

この写真の横断歩道のあたりを三輪車で横断していてバイクにはねられました。右奥の電柱のあたりにあった病院に担ぎ込まれた事を良く覚えています。
それにしても,ありがちな話だけど子供の頃の記憶の道路はもっと大きな道だった。バイクが来るから急いで渡らなくちゃと必死で漕いでたのに間に合わなかったんだけどねえ。
はじめから間に合わなかったのか


おーい、ねこ君,俺はこの辺に昔住んでいたんだぜ。それにしてもここらは君の仲間が多いね
昔からそうだったかなあ
みんな近づいても逃げないけど可愛がられているんだね


善福寺川沿いを走る
この先は和田堀公園、大宮八幡に繋がります
僕は今ひとつ記憶が無いのだが、母によるとそこまでは散歩コースだったそう
歩くと結構あると思うのだが


その後,神田川に乗り換えてさらに西へ向かう
久我山駅のあたりでだいぶ暮れてきた
家路を急ぐ人,夕食の買い物帰りの人が盛んに行き交う
鳥も巣を目指してさえずりながらにぎやかに飛び交う
この時間にこういうところにいるのが好きです
とてもリラックスした気持ちになります


その後終点の井の頭公園まで走り,深大寺を抜けてさらに南下し多摩川を渡って川崎北部の自宅へ帰りました。
今回再確認したのは,やはり自分が都心から武蔵野にかけてのあたりが好きだと言う事。
同じ東京でも南の方はなんか暗いし。

中野のあとは武蔵野のかなり田舎の方で育ちました
神奈川に越して大分経ちますがこちらの方はいまだになじめません。
具体的に何が気に入らないかは表現しにくいのですが,強いて言えば町のたたずまいといったものでしょうか。地形的なものもあるかもしれません。

まあ,育った環境というのが一番大きいのでしょう
自分に取っての故郷のようなものなのでしょう

| ポタリング | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0)
2月6日

すごく立派な夏みかんだねー
ん?なんで夏みかんって言うんだろう
今頃実ってても夏みかん?


@野川公園 東京都三鷹市付近

| ポタリング | 10:50 | comments(0) | trackbacks(0)
寄り道
たんぼ
二日連続の更新!すごっ

天気もよいし、店は休みなので作業場へ向かう途中に寄り道です。
寺家町ふるさと村です。前にも写真を載せてますが、季節を感じるのに良い場所です。
今は近隣では有名な場所になりましたが、昔自分がこの近くに越してきた頃はそれほどでもなく、弟と秘かに秘境パート2と呼んでいた地域です。最近は平日でも常に散歩している人が結構います。

冬はまだこれからというのに、花が咲き出していますね
梅も咲いています
紅梅
ピンクの花や
桃
黄色い花
黄色花

この黄色い花は何という木なんでしょうか。すぐ近くで木の幹を鉄のへらのようなもので擦っているご婦人がいたのですが、忙しそうで尋ねるのに気が引けました。この辺は、こうして散歩しながら写真を撮ったりする人が多いので、僕が自転車を止めて写真を撮っていても慣れっこなのでしょう、いい感じに無視してくれてます。
あえて、もう一歩距離を詰めて話しかける事も無いので、そのまま立ち去りました。

あまり人の来ないような所に行った時は、必ず挨拶するようにしていますが、ここは半分観光地のようなものなので気が楽と言えば気が楽ですが、地元の方がどう思っているか迄はわかりませんね。

このところちょっと気分が晴れないのですが、そういえばこうやって意味も無くうろうろする事が最近無かったなあと思いました。自宅と仕事場の往復か、用事を済ませる為に出かけるだけ。今回も短時間の寄り道に過ぎないのですけどねえ。

鶴見川沿いのサイクリングロードを久々に走っていると、土手の下の畑にイチゴの販売所が開いていました。開いているのを見るのは初めてです。一回通り過ぎたのですが思い直して戻り、ワンパック買いました。かわいい女の子の売り子さんでした。
今日は、夕方同業者の友だちが尋ねてくるので一緒に食べようと思ったのです。

いちご
イチゴの写真だけ。女の子の写真も撮ろうかと思ったのですが、恥ずかしかったので言い出せず。
| ポタリング | 14:26 | comments(2) | trackbacks(0)
世田谷ぼろ市へ
ふと今日がぼろ市の日であることを思い出して,午後になってから重い腰を上げてサドルに跨がりました。着いてみると,大分遅い時間なのにまだまだ結構な人出でした。並んでいる品物自体はそれほど興味のありそうなものも無く,タラーッと見て回っていつも行くタバコ屋さんでパイプ煙草を購入。さらにぶらぶらしていると、何やらかっこいい自転車を置いているお店がありました。トランクというお店で,スイス軍の自転車やアローが置いてあります。さらにちょっと古いものや雑貨が並べてあり,なかなか楽しいテイストです。ここは常設店らしいのでまた後日ゆっくり来ることにして世田谷通りに停めた自転車まで戻ります。

実は,簡単な鍵しか持たずに出て来たので盗まれないか心配だったのです。幸い愛車の三連勝は停めた場所にちゃんとありました。ぼろ市で混雑する歩道と反対車線のガードレールの車道側に停めたので,何だかやたらと目立つような気がします。安心したので焼きそばを買って、自転車を眺めながら腹ごしらえしました。

焼きそばの屋台の近くには長谷川自転車さんがあります。ぼろ市開催のため店頭は露店でおおわれていてこんな感じで普段とは違う様子です。
ぼろ市
お店自体は営業中で、特売品ありの張り紙に誘われて中に入ってみました。
相変わらず遊びに来たお客さんを相手にご主人は歓談中の様子。ちょっと会釈して勝手に見て回ると,サドルが無造作に突っ込んである箱を見つけました。ひっくり返すと,サンマルコなどが4000円ぐらいからあり面白そうです。サンマルコの刺繍入りなどは趣味でないので一個ずつ出して見ていると,シンプルで座りやすそうなサドルを見つけました。値札を見るとなんと1200円。買い物の予定は無かったのに,思わず奥さんにこれくださいと言っていました。

するとご主人、ロードに乗っているんですかと、いつものように話しかけてきます。「ええ、ちょい古い奴ですが」と言うと,「じゃあちょうど良いやね,それはカシマじゃないかな」とのこと。えーピスト用かあと思ってひっくり返してみると確かにNJSのマークが入っています。ご主人に見てもらうとカシマのジャガーだとのこと。「古いロードって後ろのギアは何枚なの」と聞かれたので,ヤバいなあと思いつつ「シングルにしちゃったんですよ」と返事すると,それまでの話し相手のお客さんに「いやー今流行っているんですよ,メッセンジャーとかアメリカの影響でねえ」と案の定の反応です。自分としてはイギリスなどの古いダブルコグ・クラブマン風を目指しているつもりなんですが、メッセンジャーの影響も受けているし,まあ一緒と言えば一緒なのでおとなしくしておきました。これでピスト用のサドルなんかつけたら言い訳できないですしねえ。自分のはあくまでも固定ギアのロードバイクなんですけども。

帰り道世田谷通りを流していたら「右とおります」とさわやかにロードのグループに抜かされました。追いついた時に大学生ですか?と尋ねたら,なんと高校生でした。ちゃんと最後尾の人が常に前方を確認していて、駐車車両など障害があると右手で後ろの自動車に合図しながら中央よりに進路を維持して隊列をカバーしていました。振り返って後続の車を睨むだけの私と比べて整然としてかっこいいですね。

家の近くまで戻ると,一本道の先の方にびっくりするぐらい大きな太陽が沈むところでした。
夕日
いや,この写真ほどは大きくないですよ。携帯のカメラでデジタルズームしていますので盛大に出たフレアのせいですね。

ちなみに買って来たサドルはこれ。カシマとは何処にも入ってなくて、Ariake JaguarIIと裏に入っています。多分この形は僕のお尻にフィットするはず。
サドル
| ポタリング | 23:09 | comments(6) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE