輪輪逍遥

とある西洋古道具屋のおやじの、仕事を離れた主に自転車などにまつわる趣味の話
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
ゴムパーツ交換
grommet

正確には交換ではなくて、無くなっていたグロメットを取り寄せて取付けた。

R0013978

この、アンダーカウルの後端でフレーム側突起に差し込んで固定する部分

under cowling

取り付け後の写真。これがないと、アンダーカウルがオイルパンの所の固定部分だけでぶら下がる感じになってしまう。がたつくし、カウルの曲がった部分に応力がかかって良くないと思う。

しかし驚いたのは、こんな20年以上昔のバイクの、しかも決して台数は多くないであろうK75SSのパーツがあっさり新品で手に入ってしまう事。知り合いのバイク屋さんに頼んだ所、国内に在庫が無くて本国取り寄せになりますと言われて若干ビビったのだが、なんと言う事は無くあっさり届き、しかもたったの140円というのには拍子抜けした。

安心して長く乗れますねえ。


JUGEMテーマ:車/バイク


| motorcycle | 16:35 | - | -
BMW K75Sの近況
BMW K75S with Citycase

大分前のことになるのだけど、去年の11月にこのブログを見てくださっているaiz様よりシティーケースを頂戴した。以来、大変重宝して使わせていただいています。本当にありがたい事で、世の中にはこんな太っ腹な人がいるものかと感動した次第です。

それまではパニアケースを付けて通勤していました。
このパニア、ヘルメットも入る程大きくて、まさに大は小を兼ねるで便利なのだけど、通勤時の渋滞のすり抜け時などは何となく気を使ってしまう。

実は見た目程にはパニアケースも張り出している訳ではなく、ミラー幅で見切ってしまえばもともとハンドル幅の狭いBMWなので、それほどすり抜けに不自由はしない。だいいち、無理矢理狭い所を通り抜けるような無作法は控えるべきでしょう。

とはいえ、やはり幅は狭い方が心理的に楽です。町中を走り抜けるのにもダブルパニア装備では視覚的にインパクトがありすぎるような感じもしますし。そういう意味でまさにシティーケースなんでしょうね。それに狭い所の取り回しではちょっとした幅の違いも大きいです。

下の比較写真では、シティーケース装着の写真の方が大きく写ってしまってわかりにくいかもしれない。

city case & pannier

ところで、いただいた時にはかなり綺麗だったシティーケースですが、傷をつけてしまいました。
実は冷え込みのきつい朝に、自宅前をスタートした直後に交差点でハーフスピンをしてしまいケースを落としてしまったのです。幸い転倒は免れたのですが、リカバリーで足をついた弾みでケースを蹴っ飛ばしてしまい、そのせいで左ケースが脱落してしまったのです。aiz様、申し訳ございません。

怪我もなく他人を巻き込む事も無く済んだのは良かったのですが、冷や汗物でした。
原因はタイヤが古く硬化していた事。冬の朝で路面もタイヤも冷えていた事でしょう。
やはり、朝一番はバイクもタイヤも人間もウォーミングアップが大事ということかな。

タイヤは摩耗はあまりしていなかったのですが、だいぶ固くなっているよと知り合いに前々から指摘されていたのに、交換をちょっと延ばしにしていた罰があたりました。早速、ニュータイヤを手配して交換しました。
新しいタイヤは、ブリジストン BATLTAX BT-45。

BT-45 Front
BRIDGESTONE BT-45 front

BT-45 Rear
BRIDGESTONE BT-45 REAR

勿論、バイアスタイヤです
交換後は乗り心地が劇的に変化しました。安心感がまるで違いますね。
路面をなめるように走っているように感じますし、妙に外乱を受ける事も無くまっすぐ走るようになりました。
何より、リアブレーキの効きがまるで違います。少し強めにかけてあえてロック寸前にもっていくと、ガッガッガとグリップしながら減速します。以前は簡単にすーっと滑っていました。

いや、本当に知らないという事は恐ろしい事だと実感しました。
まだ溝があるから、しばらく大丈夫だと思っていたのですが、悪条件が重なっていたらどんな結果になっていたやら。

しばらくブログを更新していなかったので、バイクネタはまだまだあります。
エンフィールドの方も変化があったので、また書く予定。

一方、自転車の方は寒いのでしばらくお休み。


JUGEMテーマ:車/バイク


| motorcycle | 16:04 | comments(0) | trackbacks(0)
BMW K75SS ローター交換
K75 on lift

東京多摩市のとあるバイク工房に入院
中古で入手したこのバイクはエンジン廻りはかなりきっちり整備されていたのですが、ブレーキローターはかなり悪い状態だったので、前後とも交換してもらいました。

ローターは結構高価なので、フロントはヤフオクでコンディションの良い中古を入手、リヤは互換性のあるGRIMECAのリプレースパーツを探してもらいました。

仲良くなったこちらのオーナーと楽しくお話をしながら、交換作業を見学させてもらいました。

こちらが、リプレイスされたリヤローター

K75 replace brake disc

オーナーが電話中に暇だったので、マフラーをぼろ切れで磨いたりして
あっという間にピカピカになったのでびっくり。
そういえば、このバイクはちゃんと磨いてやった事が無いです
こんな所にまで、なにやら注意書きがびっしり書いてありました。

K75 silencer

フロントの交換作業はあっという間に終わってしまって写真を撮り忘れました。
さすがにプロの仕事は手際が良くて、思ったより早く作業は終わり、そのあとはオーナーとバイクと映画の話やら、小説の話やらで盛り上がりました。

お互いの趣味が近いようで、意気投合してすっかり話し込んでしまいました。
まあ、これもいつもの事なんですが、毎度お仕事の邪魔ばかりして申し訳ないです。

こちらは古いオートバイのレストアが専門なのですが、実はオーナーは、過去にある有名な大手バイクディーラーでBMWを始めとする外車の整備をされていた事があり、このKシリーズもかなりの台数の整備経験があります。私にとっては頼りがいのある人なのです。
 あくまでもレストアが本業ですので、私がここで工房の名前とか宣伝するのは一応差し控えておきますね。

お話をしていて印象に残ったのは、バイク好きの人はバイクそのものにだけ興味が集中しがちだけど、古いバイクが使われていた文化的背景などにも興味を持ってもらえたらなあと思う、という言葉でした。それは私の本業のアンティーク家具にも言える事なんですね。

BMW K75SS pannier removed

整備が終わって。
パニアケースのない姿もたまに見ると新鮮です。

JUGEMテーマ:車/バイク


| motorcycle | 12:10 | comments(4) | trackbacks(0)
おニューのシート(BMW K75)
replace seat

オークションに良いシートが出ているよと、知り合いに教えられて入手しました。
今までの右のやつは、破れているし、何よりも妙につるつるで乗りにくい物でした。多分適当な革で張り替えられた物だったのでしょう。

手に入れたのも、残念ながらオリジナルではなくて誰かが張り替えた物のようです。全体に上手に張られているのですが、惜しい事に革がちょっと足りなかったらしく、前端部の折り返しがちょっとギリギリです。剥がれてくる恐れがあるので、シューグーなどで補強しておく必要がありそうです。

まあ、それでも見た目はばっちりになりました。
シートが破けていないだけで、随分としゃきっとして見えます。
破れていたり壊れていたりするのをほっておくと、ただのぼろ車にしか見えませんね。
これで、少しはビンテージっぽくなったかな。

こうやって少しずつ手を入れて行くと愛着も増すのでしょう。

new seat fitted




JUGEMテーマ:車/バイク

| motorcycle | 16:13 | comments(0) | -
K75この角度
BMW K75 backshot

実用車として活躍しているこのバイク,買う前に写真で見たりしていた時はかっこ良いと思っていたのだが,どうも実物はピンと来ないデザインだ。やっぱり乗っても見てもロイヤルエンフィールドの方が楽しい。

ところが、最近このアングルからみると案外カッコいいかもと思い始めた。
実は仕事場で駐車する場所を変えたので室内からこんな風に見えるのだ。
まあ,単に窓の外にちらりと見える自分のバイクが気になるだけかもしれないですが。

少しずつ馴染んできているのかもしれない。
年をとると一目惚れとかが無くなってくるのだろうか。
いや,そんなはずは無いと思いたい。
やっぱりこいつは地味なバイクなのだきっと。
そういえば一度も洗ってやった事が無いなあ。

今日あたりは本当に暑くて,そろそろバイクに乗るのもきつくなる。
やっぱり暑い夏は自転車通勤かな
電車は論外!

JUGEMテーマ:車/バイク


| motorcycle | 14:59 | comments(0) | trackbacks(0)
人間的なバイク
R0012818.JPG

前回書いたように新しいバイクを買った(といっても中古ですが)。
途端に前から乗っているエンフィールドが壊れた

BMWが来てから間もなく、仕事に向かおうとエンフィを引っ張り出してエンジンをかけようとした途端にスロットルワイヤーが突然ぶっつり切れてしまった。

こちらとしては、浮気した訳じゃないんだよ、これからも乗り続けるからねという気持ちもあったんだけど、見事にすねられた。と、いうかそんなタイミングだった。(ちなみにワイヤーは前回交換してまだ一年も経っていない)

パソコンのマックも、昔から新しい機種を手に入れると元から使っている方が壊れると言う伝説がマックユーザーの間では当たり前のように語られてきたが、まるでそんな感じだった。

どちらの場合も、ユーザー側の愛着心が対象を擬人化してしまう現象でしょうが、それだけマックもバイクも感情移入しやすい対象なんでしょうね。

そんな訳でという訳でもないのだけど、今日はエンフィールドをまたちょっと飾ってみた。タペットカバーを止めるナットを旧車風のウィングナットに変更しました。

離れて見るとこんな感じ

R0012822.JPG

なんか雰囲気に統一感が出てきたような気がして、喜んでいます。
BMW K75にしばらく乗った後でエンフィールドに乗ると、すごく面白い。
また、全然違った楽しさがあります。

考えてみれば通勤でいろいろ楽しめて贅沢ですよね
だんだん気候も良くなってくるので、これにまた自転車通勤を選択する日も増えてきます。天気さえ良ければ、今日は何で行こうかと考えるのも楽しい。

唯一雨の日に電車に乗るのがとても憂鬱なのだけど、歩く時間をなるべく増やして健康の為と割り切ろうとしています。それとも、BMWのタイヤを新品にして雨の日もバイクにしようかな。今付いているタイヤは雨の日のグリップが、特に後輪が今ひとつ不安なので。

JUGEMテーマ:車/バイク


| motorcycle | 19:52 | comments(0) | trackbacks(0)
BMW K75
R0012810.JPG

前回謎掛けのようなエントリーをしてからほったらかしのままでしたが、例の工具はこのバイク用のものでした。あの時点ではまだバイクは届いていなく、純正工具の欠品がわかっていたので先に入手したものです。

そう、二台目のモーターサイクルを買ってしまったのです。
エンフィールドに飽きた訳ではなく、ちょっと時間が空いた時にぱっと旅行に行けるようなバイクが欲しかったのです。

そう言う意味ではBMWは長距離移動の楽なバイクですからぴったりではないかと。
やはり、バイクに乗り出すとロングツーリングにも行きたくなりますよね。加えて大型自動二輪の免許も取ってしまった事だし大型バイクも経験したい、と、言う事で。

とにかく頑丈な事で有名なKシリーズのBMWです。部品は国産車と違って何年経っても安定供給されるし、さらに、これが重要なのですが、中古市場では非常にリーズナブルなお値段。安心してメンテナンスをお願い出来る所も見つかりました。

R0012814.JPG

シリンダーが縦に並んで、さらに90度傾けて搭載された水冷3気筒と言う変わったレイアウト。こちらががエンジンヘッドです。

R0012811.JPG

各種警告灯も装備。時計が便利です。
ギアポジションのインジケーターもついていて、普段逆チェンジのエンフィールドに乗っている自分には安心感があります。走行は5万キロですが、BMWの場合、慣らしが終わったあたりという事らしいです。とりあえず10万キロを目指します。

R0012812.JPG

パニアケースのせいもあり迫力満点なりアビュー。
心配だったすり抜けも全然問題ありません。
ミラーの幅と同じ位なので、簡単に見切れます。

通勤に使ってみた所、ものすごくらくちんです。
大きく見える車体も跨がってしまえば、全く意識することはありません。
さらに、コンパクトなカウルが意外と効果的で、寒さをあまり感じません。
トルクが太いので市街地でも神経を使わず余裕を持って走れます。
周りがよく見えるかんじです。
通勤にも向いているかもしれません。

まだ数百キロしか走っていないので、インプレはそのうちにまたアップします。

JUGEMテーマ:車/バイク


| motorcycle | 15:53 | comments(4) | trackbacks(0)
what are these tools for?
R0012755.JPG

気がつけば一ケ月以上更新していませんでした
最近は寒い夜道が辛くて楽しくないので自転車通勤はお休み、もっぱらバイクで通っております。

ロイヤルエンフィールドは絶好調、だんだん乗り馴れてきてエンジンの美味しい所が使えるようになってきたせいか、一段と滑らかに加速するようになってきました。

ところで写真のツールはエンフィールド用じゃありません
なんでしょうねえ
中古部品屋さんから購入したのですが、あるものの準備なんですよ

しかし、何に使うのかわからないツールが何本もあるなあ

JUGEMテーマ:車/バイク


| motorcycle | 18:47 | comments(0) | trackbacks(0)
Royal Enfield プチカスタム
with new bag & tapet cover

最近忙しいのと、若干元気が無いので自転車通勤はお休みです
冬はあまり元気が出ません、夏は死ぬほど暑くても元気なんですが

殆ど毎日乗っているバイクをちょっとドレスアップ
変更点は新しい革のサイドバッグと、タペットカバーだけですが

両方とも、ウイングフットさんのガレージセールで売っていただきました
タペットカバーの方は買おうとすると、スタッフの方から「オーッ」という声が上がりました。どうもスタッフの間では人気アイテムだったらしく、なぜか売れ残っていたのを僕が手にしたせいらしい。

あっしなんかが買ってしまって良かったんでしょうか
ホームページの画像を見た時から気に入っていたので、見つけた時はラッキーという感じだったのですがねえ。

アップで見ると、こんな感じ

original cover

ラメ入りの焼き付け塗装ですね
ハイセンスと思うのですが、これだけ換えても駄目かな?
その前に錆だらけのエンジンをなんとかしろという声が聞こえます
同じようにラメ入りで塗りましょうか?

まあ、人と違うのがカスタムの基本だから(違う?)良しとしよう
他はおいおい手を入れると

全塗装してブラックナイトバージョンにするとか
なんか小さなパーツでも一つ変えると、色々いじりたくなりますね

JUGEMテーマ:車/バイク


| motorcycle | 15:41 | comments(0) | trackbacks(0)
Easy Rider
JUGEMテーマ:車/バイク

Easy Rider, originally uploaded by goddessofxanadu.

flickrでこんな写真を見つけた
こんなカスタマイズもあるんですね
自分の好きな方向性とはちょっと違うけど、なかなかカッコいい

| motorcycle | 01:01 | comments(2) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE