輪輪逍遥

とある西洋古道具屋のおやじの、仕事を離れた主に自転車などにまつわる趣味の話
<< ランドナー | main | ベニックス号御来店 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
とある
鎌倉古道沿いの道


あちこちに切れ切れに残っている鎌倉街道の古い道の一つを、自転車で訪ねてみました。

場所は町田街道から北へ国道16号の西側を平行して御殿峠付近までの区間です。このあたりは古い道が他にもあり御殿峠からは有名な絹の道もあります



町田街道からは住宅街の中の急坂のアプローチとなります。結構なお年のかたが電動アシスト自転車で前を走っていましたが、なかなか追いつきません。この手の自転車は本当に侮れませんね。あまりきついので降りて押そうかと思いましたが、まだ軽いギアが余っていることに気づいて、あきらめてのんびり漕いでいきました。



肝心の古道はそれほど長くないのですが、幸いにも自転車を降りずにいける雑木林の中の穏やかな道でした。乗って行けないところでも歩いて散策するつもりでしたが。

僕は時々こういう場所の空気を吸わないとだめなのです。本来の古道は今回走った道ではなく、すぐ横を平行している道のようですが、こちらは薮漕ぎをしないと歩くことも難しそうでした。道はすぐ踏み跡程度の心細い物になってしまうのですが、そのままずっと続いていました。ところどころに近くの学校の学生が肝試しでもしたのか、発煙筒のような物を焚いた後が残っています。最初は線香を焚いた後かと思って怯えました。



最後は崖になって終わっていましたが、自転車を担いで崖をおりて、なんとか同じ道を戻らずにすみました。他の道も探す予定でしたが時間も遅く、御殿峠に出てしまったので、絹の道資料館を経て尾根道緑道に入り帰路につきました。



休日の午後の空き時間にぶらりと遊びに行ける場所が近くにあるのはいいですね。本格的な山遊びではありませんけど、気軽なジョギングのように楽しめる場所は、案外身近にたくさんあります。
| personal > bicycle | 15:34 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 15:34 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://swallow-dale.jugem.jp/trackback/189
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE