輪輪逍遥

とある西洋古道具屋のおやじの、仕事を離れた主に自転車などにまつわる趣味の話
<< A Happy New Year | main | 雪だ、自転車だ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
自転車散歩(ポタリング)
自転車ブログのようになりつつあるこの日記ですが、今日も懲りずに散歩写真です。
事情があって、あまり遠くには行けずお店からも自宅からも近い緑区のあたりをうろうろとしていました。
嗅覚に従って、表通りをそれて簡易舗装の小道を行くと、やはりとても雰囲気のある場所に出ました。

今時こんな雰囲気のある分かれ道があるとは。
柿の木の枝振りも見事です。
田舎道の風情ですが、周囲の畑や茂みも手が入っていて清潔な感じです。人家もありますが、ごみごみとした住宅地と違って奥まったところに昔から住んでおられるであろう方の家が点在しています。分かれ道を右に辿ると、孟宗竹でできた立派な竹垣がありました。おやっと思ったのはフライパンとトンカチが下がっていることです。どうやら小間物を自宅で売っているお宅らしく、フライパンを鳴らして来訪を告げるシステムのようでした。

この辺は周囲から独立した小高い丘のようなところに位置しています。いったん丘を下りまた別の所から登ってということを繰り返してみました。

そんな小道沿いに乾涸びたカラスウリを見つけ立ち止まりました。良く見ると奥の方に赤いままのカラスウリもありました。どういう加減でこうなるのでしょうか。

面白そうなところを探して、あちこち自転車で登ったり下りたりしているうちに、困ったことに坂を登るのが楽しくなってきてしまいました。走るほどに、この昔の愛車と自分の一体感が戻ってくることを感じます。何より体がリラックスして感じることがその証と思います。

日も陰ってきたので、北風に逆らいながらゆっくりと帰路につきました。
今度は携帯のカメラではなく、ちゃんとカメラを持って来てみたいと思います。
| personal > bicycle | 19:12 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 19:12 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://swallow-dale.jugem.jp/trackback/198
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE