輪輪逍遥

とある西洋古道具屋のおやじの、仕事を離れた主に自転車などにまつわる趣味の話
<< これなんでしょう? | main | 鹿島鉄道 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
サドル交換
3rensho
最近の愛車の写真をば
変わった所と言えばサドル位です。以前つけていたサドルは別の愛車ベニックス号からはずした物でしたので、ヤフオクで新たに入手しました。メーカー不明の国産革サドルです。何故国産か分かるかと言えば、JISマークが入っているからです。黒い色がマッチしてよりシャープになったと個人的には思っています。

写真で見ると、
サドルが前寄り過ぎるように見えますね。実はレールの関係でこれ以上後にセットできないのです。比較的後ろ乗りが好きなもので、これにはちょっと困りましたが、実際乗ってみると以前よりも乗りやすい感じです。トップ長が少し長いという事なんでしょうか。まあ、何はともあれ結果オーライという事で。体重移動が楽になったのか、咄嗟のスキッドストップなどもやりやすくなりましたし。

問題は、覚悟はしていたものの、なじむまでのお尻の痛さです。
サドルオイルを塗りたくっているのですが、全体が小さい事も有ってどうも具合が悪いです。我慢して乗っていたらひりひりするようになってしまいました。本来のサドルが戻ったランドナーと交互に乗るようにしようかと思っています。

昨日は実は久しぶりに走ったのですが、普段と違って少々やんちゃな走り方で、遊びながら走りを楽しみました。
やんちゃと言ってもどうという事は無いのです。普段は、ペダルを丁寧に軽く回す事を心がけているので、巡航中は固定ギアである事を感じない位なのです。都内を走っていても前方の交通状況を良く読んで、減速が必要なら自然にスピードを落としてコントロールしています。まあ、これも固定ならではのバイクと一体になった走り方と言えなくもないです。

一方、ぐいぐいとペダルを踏み込んで加速したり、急激にバックを踏んで減速したりと荒っぽい乗り方をすると、まるでバイクが別の意志を持った生き物のように感じられる事があります。バイク自身が突進しようとするのを、うまくその力を利用したり、いなしたり、ねじ伏せたりして走るといった感覚かな。常に全身を使って走る事になりますが、これは本当に固定ギアならではの楽しみですね。快感と言っても良いでしょう。

もちろん小心者の常識人である私は、他の交通や人の多い所ではおとなしくゆっくりと走っています。でも、あの快感はちょっとヤバいですね。いいオヤジがガキっぽいなと我ながら思いますが。
| fixie | 15:55 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 15:55 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://swallow-dale.jugem.jp/trackback/212
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE