輪輪逍遥

とある西洋古道具屋のおやじの、仕事を離れた主に自転車などにまつわる趣味の話
<< サドル交換 | main | チェーンライン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
鹿島鉄道
廃線の危機にある鹿島鉄道を利用して、霞ヶ浦沿いをポタリングしてきました。
鹿島鉄道についてはこちらのサイトに詳しく情報が公開されていますが、自転車を車内にそのまま持ち込む事が可能になっています。東京からも近い茨城県でそんなローカル線の旅が楽しめるのです。自転車愛好家の皆さんがどしどし訪れるようになれば、少しは鹿島鉄道の寿命も延びるのではないか、そんな事を言いながら出かけてきました。

まず、車で玉造の駅を目指します
上記サイトで紹介されていますが、沿線の各駅には無料駐車場が併設されている所が多いので便利です。


早速踏切で鹿島鉄道のディーゼルカーを目撃しました
キハ600形というやつらしいです

踏切

続きを読まれる方は、下の続きを読むをクリックしてください。写真が多いので分割しました。

駅の無料駐車場に車をデポします
ここから何駅か鉄道に乗って、ここまで戻って来ようと言うのです

玉造駅の看板

看板


気動車がやってきました、懐かしい色合いです
先ほどのホームページによるとキハ430形のキハ432というのらしいです

フロントマスク


この車両はワンマンなので基本的に前乗り前降りなのですが、自転車は後のドアから乗ります。その為に運転手さんがわざわざ最後尾までやってきてくれます。

乗り込む


車内には特別に自転車用の設備がある訳ではなく、後の方の席に座っていたお客さんに運転手さんが前に移動するようにお願いしてスペースを作ってくれます。大勢で利用する事は前提になっていないようなのでグループで行ってみようという方は事前に相談された方が良いと思います。

明るい車内はのんびりしたムードが漂います。
縦揺れも横揺れも激しくて、お客さんが一斉にポンポンと座席の上で弾む様子は微笑ましい光景です。お客さんもなんだか楽しそうに見えます。

車内風景


車窓からは霞ヶ浦が見えます

車窓


常陸小川という駅まで来ました
構内には大正年間に建てられた古い貨物駅が残り、当時の機関車が静態保存されていました。DD901という古いディーゼル機関車です。

常陸小川駅


モノクロームでも撮ってみました

古いディーゼルカー


さて、腹ごしらえを済ませやっと走り出します。
湖畔沿いに気持ちの良い道路が走っていて、風を受けながら快走します。
周辺の田んぼの小川では、タナゴなど小魚釣りの人も見受けられます。
当日は天気も良く、広々とした風景の中のんびりとした空気が漂います。

湖畔ロード


絶滅の恐れのあるアサザという水草の保護水面です。
なんだか鉄道と言い、このアサザと言い、また後で聞いたのですが消滅していく海岸の砂浜など、無くなっていく物ばかりですね。消え行く物にわびを感じるのが日本人の感性なのかもしれませんが、そんな事ばかり行っていられない事態が静かに進んでいるようです。




湖から振り返ると、田園風景の中をディーゼルカーが走ってきます。
さっきは、あちらからこちらを眺めていた訳です。

田園風景

こういう風景もやがて無くなってしまうのでしょうか。
この後も、のんびりと湖沿いを走り玉造駅の駐車場まで帰りました。

今回のコースは本気で走ったらあっという間の距離ですが、それだけにどなたでも楽しめるコースです。自転車を分解する必要も無いので、普段お乗りの買い物自転車でも走れるという訳です。無料の自転車貸し出しも今回利用した玉造、常陸小川、それに鉾田の駅にはあるそうですので(各3台ですが)、気楽にちょっと変わった旅気分を満喫できる事と思います。

全ての情報は必ず事前にご自分で、上記の鹿島鉄道のサイトなどでご確認くださるようお願いします。
| プチ旅 | 11:00 | comments(4) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
| - | 11:00 | - | -
コメント
「muroさん、おつかれさまでした」と、いうとお頭に怒られますんで、「余裕さまでした」。車窓を眺めるiFinderのショット、カッコいいっす。アンティークのこともいろいろとお話をおうかがいすることができて、とても楽しいひとときでした。ありがとうございました。

ちなみに私もjugemなんですよ。奇遇ですね。それと<a href="http://darthmahler.at.webry.info/200609/article_2.html">こ〜んな人</a>もいるんですね〜。また、ご一緒させてくださ〜い。
| iFinder | 2006/10/13 12:13 AM |
iFinderさん、いらっしゃいませ
いや、なかなか面白かったですね

それにしてもサイト拝見しましたが、文章がお上手ですね。
と思ったら、プロなんですね。
プロフィールで見つけたメアドにメールさせていただきましたよ

jugemは最初ショップの宣伝用に始めたのですが、初期トラブルに嫌気がさしてよそのレンタルサーバーに引っ越したんです。つい最近プライベート用に戻ってきました。メインのブログにはSerena Batchというプログラムを使っていますが、jugem互換なのでデータの行ったり来たりがらくちんです。

リンク先の人すごいですね。
鹿島鉄道は鉄道ファンの間では結構有名みたいですね。
| muro | 2006/10/13 10:46 AM |
ありー、iFinderさんメール戻ってきちまいました
お手数ですが、メインブログのリンクからうちの方に一度メールいただけませんでしょうか?某所で、残りの写真などお渡しできますので。
| muro | 2006/10/13 10:51 AM |
muroさん、すいません。メール送っときます。

プロですか!すいません。全く発表の機会の無い自称プロってことで…。

そのうち偽猫君にも会いにいきますね。
| iFinder | 2006/10/20 9:32 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://swallow-dale.jugem.jp/trackback/213
トラックバック
秋のキャンプ
モンベル(mont-bell) ムーンライトテント 5型 アイボリー(IV) 1122289 月の光が湖面に輝き,少し涼しい風が吹いている夜。ランタンの光に酒もすすみ話題も尽きぬ秋のアウトドア。もちろんクッキングは「なべ」。何もしないひとときこそが最高の贅沢になる。 と、
| iFinder 雑読乱文 | 2006/10/13 12:20 AM |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE