輪輪逍遥

とある西洋古道具屋のおやじの、仕事を離れた主に自転車などにまつわる趣味の話
<< 折れるバイク | main | Easy Rider >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
大型自動二輪免許
友達をびっくりさせようと黙っていたのですが
実は内緒で教習所に通っていました
通い始めにいきなり生まれて初めてバイクでこけましたよ
普段の愛車エンフィールドは普通のバイクと違い、ギアチェンジペダルが左右反対に付いていて、シフトパターンもまるっきり逆さまなのですが、そのせいでクランクコースに進入する時にローギアに入れるつもりで、どんどんシフトアップしてから進入してしまい、あえなくコントロール不能になって傾けたバイクを起こせなかったのでした。

さすが750ccになると、いったん傾いたバイクを力任せに起こすのは無理でした。
これは先が思いやられると暗い気持ちになったのですが、通ううちに特に意識せずとも教習所のバイクに乗っている時は左シフト、自分のバイクに乗って帰る時は右シフトと間違えずに扱えるようになりました。ちなみにブレーキも左右逆です。

その後は順調に課題をこなして行く事が出来たのですが、意外にも得意だと思っていた一本橋にはちょっと手こずりました。油圧クラッチの曖昧なタッチになかなか慣れなかったせいもあるのですが、最大の原因はどうしても体重移動でバランスを取ろうとしてしまうせいだったみたいです。ある時、体の芯で(おへその下に意識を持つ感じ)、常にバイクに加重するイメージを持って乗ってみたら安定して走れるようになりました。

町中で大型バイクに乗っているうまい人の走りを見ていると、低速コーナーでもバイクと一体になったまま非常にスムーズに曲がっていきます。そういう目で見ていると、意外と体がふらふらしていたり、体でバイクを振り込むようにして走っていたり、ハンドルで曲がっていたりする人が多い事に気がつきます。乗れている人と乗れていない人の見分けがつくようになりました。

どんな運動でもどこかに静止した部分を作らないと、安定した動作が出来ないものですが、それと一緒なんですね。しっかりニーグリップして積極的に駆動力とナチュラルステアを使ってコントロールできるようになってからは、大型バイクの重さは全然感じないようになりました。スラロームのようにある程度スピードに乗って走る分には最初からスムーズに走れたのですが、やはり低速コントロールは大きくて重いバイクではごまかしがきかないという事でしょうか。

そんな事を言ってますが、教習最後の見極めの時にはまた一本橋から落ちたりしていました。ゆっくり走ろうとして一瞬バイクを止めてしまうと、立て直しが遅れてしまう時があるようです。トライアルバイクではないので静止して体でバランスを取るわけにはいかないのに、つい止めてしまうのですね。指導員からも前に前に進みながらブレーキでコントロールするように言われました。そんな見極めでしたが「まあ今の状態なら卒検も合格するでしょう、一本橋気をつけてね」と無事はんこをもらい教習は終わりました。

卒業検定では前日のトラウマが残っていましたし、一本橋は落ちたら検定中止なので、減点覚悟で思い切っていく事にしました。課題の10秒より早く通過してしまいましたが、試験官に一本橋の他は良かったよと褒めていただき無事、卒検も合格しました。

結果的に最短コースで教習を終える事が出来ました。なんかあっという間に終わってしまった感じです。バイクの先輩から、大型に乗ってみさえすれば他と違う事がわかる、大型バイクも経験すべきだと言われていたのですが、なるほどなあと言う感想です。やっぱり大型はごまかしがきかないです。今後大型バイクの購入予定が特にある訳ではないのですが、今持っている普通二輪を乗り続ける上でも今回の教習は勉強になりました。

これから教習所で大型を取ってみようかという方の為に教習全体の感想を書きますと、普段普通二輪にちゃんと乗れている人なら、個別の課題走行など技術的な事はそれほど気にしなくても良いように思います。それよりも、やはりきちっと基本的なコントロールを落ち着いて安定してできるように心がける事の方が大事に思います。メリハリのある操作も大事です。慎重すぎると却って不安定になります。最初は大型の強いトルクにビビるかもしれませんが、慣れてくるとそのトルクゆえ少しの操作で挙動をコントロール出来るのが気持ちよくなります。

通っていた教習所は、良く言われるような教習所独特の操作や手順などを、あまり細々と口やかましく言うような感じではありませんでした。より実際的な指導だったように思います。普通二輪免許を持っている人が対象ですから今更という事なのかもしれません。

まあ、勝手な感想ですので見当違いの事を書いているかもしれません。
長々と失礼しました。

JUGEMテーマ:車/バイク
| motorcycle | 18:13 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 18:13 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://swallow-dale.jugem.jp/trackback/331
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE