輪輪逍遥

とある西洋古道具屋のおやじの、仕事を離れた主に自転車などにまつわる趣味の話
<< what are these tools for? | main | 人間的なバイク >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
BMW K75
R0012810.JPG

前回謎掛けのようなエントリーをしてからほったらかしのままでしたが、例の工具はこのバイク用のものでした。あの時点ではまだバイクは届いていなく、純正工具の欠品がわかっていたので先に入手したものです。

そう、二台目のモーターサイクルを買ってしまったのです。
エンフィールドに飽きた訳ではなく、ちょっと時間が空いた時にぱっと旅行に行けるようなバイクが欲しかったのです。

そう言う意味ではBMWは長距離移動の楽なバイクですからぴったりではないかと。
やはり、バイクに乗り出すとロングツーリングにも行きたくなりますよね。加えて大型自動二輪の免許も取ってしまった事だし大型バイクも経験したい、と、言う事で。

とにかく頑丈な事で有名なKシリーズのBMWです。部品は国産車と違って何年経っても安定供給されるし、さらに、これが重要なのですが、中古市場では非常にリーズナブルなお値段。安心してメンテナンスをお願い出来る所も見つかりました。

R0012814.JPG

シリンダーが縦に並んで、さらに90度傾けて搭載された水冷3気筒と言う変わったレイアウト。こちらががエンジンヘッドです。

R0012811.JPG

各種警告灯も装備。時計が便利です。
ギアポジションのインジケーターもついていて、普段逆チェンジのエンフィールドに乗っている自分には安心感があります。走行は5万キロですが、BMWの場合、慣らしが終わったあたりという事らしいです。とりあえず10万キロを目指します。

R0012812.JPG

パニアケースのせいもあり迫力満点なりアビュー。
心配だったすり抜けも全然問題ありません。
ミラーの幅と同じ位なので、簡単に見切れます。

通勤に使ってみた所、ものすごくらくちんです。
大きく見える車体も跨がってしまえば、全く意識することはありません。
さらに、コンパクトなカウルが意外と効果的で、寒さをあまり感じません。
トルクが太いので市街地でも神経を使わず余裕を持って走れます。
周りがよく見えるかんじです。
通勤にも向いているかもしれません。

まだ数百キロしか走っていないので、インプレはそのうちにまたアップします。

JUGEMテーマ:車/バイク


| motorcycle | 15:53 | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 15:53 | - | -
コメント
おめでとー、ございます。

でも、古いバイクですから、いろいろ、手をいれてみてやらないといけないところがおおいです。

 まずは、なにはなくとも、燃料ホース。新車のころからついてるのだと、ヒビが入っているので、そのうち、裂けます。へたすると、車両火災で、一巻のおわりだそうな。
 次に、ラジエータファンの固着。冬は、渋滞でもファンが回るほどには、ならないですが、冬以外は、ファンがまわらないと、オーバーヒートの可能性があります。

 これも、こわれそうなところは、大体、定番があるようなので、そこのツボをおさえてやるとよいようです。

 これは、SSですね。たしか、Fサスペンションは、固めの設定とか。。。

| 大和の国のK75乗り | 2009/03/29 2:48 PM |
コメントありがとうございます
燃料ホースやファンのトラブルは良く聞きますね
僕も心配で以前BMWも扱う有名ディーラーにいた事のあるメカニックの方に一通り点検してもらいました。

もっともそれで無条件に安心という訳ではなく、古いバイクに乗る以上は自分で常に状態を把握し続けないといけないのでしょうね。

Fフォークはオイル漏れがあったので、その方に見ていただいた所、フォークまわりのパーツに若干の傷があってスムースに動かない状態だったようで、修正していただいた所、体感出来るほどしっとりとした乗り心地になりました。これでも固めなのですね。

先輩として今後もご指導よろしくお願いします。
| muro | 2009/03/29 4:06 PM |
おめでとうございます!

縦置きKシリーズは、部品の多くが共通なので、パーツ供給が安心ですもんね!

ちなみに、K100LTの豪華なシートやトップケースも付いちゃいますよ。

K75かK75Cのハンドルバーなら、2〜3センチアップすると思いますよ。
| K75C 4号機 | 2009/04/02 10:25 PM |
K75C 4号機さん
コメントありがとうございます
同じバイクに乗っている方からコメントが頂けるのも、希少種ならではですね。

豪華なシートも着いちゃうんですか?
実はシートは補修跡のあるもので、いずれ交換か張り替えが必要な状態なんですよ。楽しみが増えましたね。

K75SSの独特のポジションにも、やっと少し慣れてきた感じなのですが、確かにもうちょっとハンドルが近いと楽かもですねー。
| muro | 2009/04/03 12:29 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://swallow-dale.jugem.jp/trackback/335
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE