輪輪逍遥

とある西洋古道具屋のおやじの、仕事を離れた主に自転車などにまつわる趣味の話
<< 銀杏 | main | ゴムパーツ交換 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
BMW K75Sの近況
BMW K75S with Citycase

大分前のことになるのだけど、去年の11月にこのブログを見てくださっているaiz様よりシティーケースを頂戴した。以来、大変重宝して使わせていただいています。本当にありがたい事で、世の中にはこんな太っ腹な人がいるものかと感動した次第です。

それまではパニアケースを付けて通勤していました。
このパニア、ヘルメットも入る程大きくて、まさに大は小を兼ねるで便利なのだけど、通勤時の渋滞のすり抜け時などは何となく気を使ってしまう。

実は見た目程にはパニアケースも張り出している訳ではなく、ミラー幅で見切ってしまえばもともとハンドル幅の狭いBMWなので、それほどすり抜けに不自由はしない。だいいち、無理矢理狭い所を通り抜けるような無作法は控えるべきでしょう。

とはいえ、やはり幅は狭い方が心理的に楽です。町中を走り抜けるのにもダブルパニア装備では視覚的にインパクトがありすぎるような感じもしますし。そういう意味でまさにシティーケースなんでしょうね。それに狭い所の取り回しではちょっとした幅の違いも大きいです。

下の比較写真では、シティーケース装着の写真の方が大きく写ってしまってわかりにくいかもしれない。

city case & pannier

ところで、いただいた時にはかなり綺麗だったシティーケースですが、傷をつけてしまいました。
実は冷え込みのきつい朝に、自宅前をスタートした直後に交差点でハーフスピンをしてしまいケースを落としてしまったのです。幸い転倒は免れたのですが、リカバリーで足をついた弾みでケースを蹴っ飛ばしてしまい、そのせいで左ケースが脱落してしまったのです。aiz様、申し訳ございません。

怪我もなく他人を巻き込む事も無く済んだのは良かったのですが、冷や汗物でした。
原因はタイヤが古く硬化していた事。冬の朝で路面もタイヤも冷えていた事でしょう。
やはり、朝一番はバイクもタイヤも人間もウォーミングアップが大事ということかな。

タイヤは摩耗はあまりしていなかったのですが、だいぶ固くなっているよと知り合いに前々から指摘されていたのに、交換をちょっと延ばしにしていた罰があたりました。早速、ニュータイヤを手配して交換しました。
新しいタイヤは、ブリジストン BATLTAX BT-45。

BT-45 Front
BRIDGESTONE BT-45 front

BT-45 Rear
BRIDGESTONE BT-45 REAR

勿論、バイアスタイヤです
交換後は乗り心地が劇的に変化しました。安心感がまるで違いますね。
路面をなめるように走っているように感じますし、妙に外乱を受ける事も無くまっすぐ走るようになりました。
何より、リアブレーキの効きがまるで違います。少し強めにかけてあえてロック寸前にもっていくと、ガッガッガとグリップしながら減速します。以前は簡単にすーっと滑っていました。

いや、本当に知らないという事は恐ろしい事だと実感しました。
まだ溝があるから、しばらく大丈夫だと思っていたのですが、悪条件が重なっていたらどんな結果になっていたやら。

しばらくブログを更新していなかったので、バイクネタはまだまだあります。
エンフィールドの方も変化があったので、また書く予定。

一方、自転車の方は寒いのでしばらくお休み。


JUGEMテーマ:車/バイク


| motorcycle | 16:04 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 16:04 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://swallow-dale.jugem.jp/trackback/344
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE