輪輪逍遥

とある西洋古道具屋のおやじの、仕事を離れた主に自転車などにまつわる趣味の話
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
ヒップバッグ
rubbish bike
ごみごみした写真です

今まで自転車に乗るときはどこに行くときもヒップバッグを使っていました
いざというときは上にのびてデイパックになる優れもので、背中が暑くなるのが嫌いな自分は、これに最低限の工具やカメラなんか入れて愛用しています

昨日は荷物が多かったのと、台風の余波でいつ雨が降ってくるかわからない状態だったので、レインカバーつきのデイパックを久々に引っ張りだして背負って帰りました。

走り出して何となく脚の回りが軽いのに気がつきましたが、そのうち登りになっても脚がよく回るので調子に乗ってペースで走っていたら息が切れて来てしまいました。(心肺機能が追いつかないー)

その後平坦で真っすぐな道になり、いつものクルージングペースになったのですが
明らかに脚が回っています

その時はすぐに気がつかなかったのですが、走りながらいつもより体調が良い訳ではないのになーと考えていて、やっと気がつきました

いつもと違うのはバッグだ
いつものヒップバッグは脚の回転を妨げているんだ

考えてみれば当たり前の事ですね、一番大事な股関節の動きを規制している可能性があります。ロードバイクの場合は腰踏みと言うのでしょうか、特に登りなどで脚で踏むというよりも太腿の裏からお尻の辺りの筋肉を意識的に使うような動きをしますから、余計に影響は大きそうです。

これは感覚的なもの以上に、実際に物理的に影響が大きそうです
これからバッグはどうしようかな
デイパックはなんか今ひとつ暑苦しいし
かといってメッセンジャーバッグは、固定ギアの自転車だけにメッセンジャーもどきみたいでなんか恥ずかしいしなあ。

この辺かなあ
ちょっと高いし、しかも在庫切れだけど
| fixie | 18:22 | comments(2) | trackbacks(0)
帰り道
on the way home



http://swallow-dale.sblog.jp/sb
| fixie | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0)
ギア一枚の自由
R0010869.JPG

敬愛する京都の自転車やのお兄ちゃんのブログに、シングルの何が良いのかの話題が出てました。シングルとフィクシーじゃちょっと違うけど随所に共感できる言葉が。まあ、全部はよく理解できなかった訳ですが。

そんな中に重力から解放された瞬間という言葉がありましたが、これこれ、そうなんだよなあと頷いておりました。

まあ、地べた走っている自転車が重力から解放される訳はないんですが、ギア一枚の自転車で黙々と脚をまわしていると、そこには余計なものが介在する余地がないだけに簡単に無心な状態になります。そんな状態がしばらく続くと自分の脚が自転車を漕いでいるのか、自転車が自分の脚をまわしてくれているのか、どちらが主でどちらが客かが無くなる瞬間というのが確実にあります。そんなときはただひたすら自転車と一体になって風を切っている状態なんですな。こりゃもしかして三昧の境地か?

これが非常に気持ちよいのですが、それが夜だったりすると、それこそ無重力のような感覚が味わえます。周りの感覚が遮断されている訳ではなくて、むしろ普段より感覚は研ぎすまされているのに、闇の空間をシュパーッと飛んで行く。なんせ足元を5ミリほどの虫が横切るのも見えるんですから。

まあ、こんなことフィクシーやシングルに実際に乗っている人にとっちゃ当たり前の事なんだけど、その当たり前の事に毎度毎度、感動する自分がいる訳で。感動した事は何となく人にも伝えたいと....

もちろん、どこまでも走り続けられる訳ではなくて、いつか止まらねばなりません。
だけど再び走り出す時、先ほどまでの主客のない感覚が維持されていると
ほら、ペダルをぐっと踏むと地球がぐるっと後に回るのが感じられるよ。

R0010865.JPG

| fixie | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0)
3tttのシートピラー
友人が安くゲットしたオールドパーツを分けてくれるというので、貰いに行ってきました。
川崎北部の自宅を出て鶴見川沿いに町田方向へ
最近できた(といってももう数年経つか)トンネルを抜け、鎌倉街道を経て聖蹟桜ヶ丘付近から浅川沿いのサイクリング道路へ。

tunnel

川沿いにある親戚の家で油を売ったり、のんびり走っていたら八王子の知り合いの所についたのはもう夕方になっていました。知り合いは庭でBMWのバイクのタイヤ交換中、さっそくサイズ確認を兼ねて取り付けてみました。

with new seat pillar

アップ写真でないので分かりにくいですが、tttというメーカーのシートピラーです。自分の脚が短すぎるので突き出しが短くて格好わるいですが、これは仕方ありません。今までつけていたのっぺりしたピラーに比べると、縦溝が掘られたデザインがシャープで格好良いです。取り付け部がちょっとメカメカしいですが。

その他今回分けてもらったパーツは下の写真

old parts

tttのピラーがもう一本。こちらは26mmサイズなのでランドナーに。
HKSのチェーンにホワイトペダル。
ピラーの箱がカッコいいです。この箱は大事にしたいと思いました。ペダルのロゴも昔風で面白いですね。
こういうパーツの価値はよく知らないのですが、なかなか良いものなんじゃないでしょうか?どれも未使用品です。格安で分けてもらいました。こういう友達がいると助かりますね。

ここの庭には他にも、こんなものも転がっていました。
moped

帰り道はすっかり暗くなりました。真っ暗な川沿いの道は無灯火の自転車や歩行者がいるので神経を使いますが、風が涼しくて気持ちのよい帰り道でした。
よく固定ギアは向かい風がきついという話を聞きますが、それはギア比が高すぎるせいでは無いでしょうか?僕の場合は余程の風でない限り、フリーギアよりも楽に巡航できるように感じます。ペダルを踏むような感覚になってしまうと固定ギアの良さは感じられませんが、くるくる回している限りはバイクが自分で突き進むような慣性力を感じます。

登り坂も、なるべく踏みつけるのではなくて回転させるような意識を持って走っています。ある程度以上坂がきつくなると、どっこいしょどっこいしょになってしまいますが。

少しセッティングが謙虚すぎたようでサドル位置が低く感じましたが、わざわざ暗い中を直すほどでもなく、そのまま2時間ほどかけて帰りました。このところ運動不足で、若干の登りも何度かあったので、お尻から太ももの裏にかけての筋肉に少々疲れを感じましたが、それも心地よいレベルでした。過ぎた運動は体に悪いので、くたびれかけた中年にはこの程度がちょうど良いのです。
| fixie | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0)
タイヤローテーション
head lug
それにしても雨が多くてなかなか自転車に乗れません。
都内を車で走っていると、雨の中でも自転車で走り回るメッセンジャーさんを見かけますが仕事とはいえ大変ですね。

僕は雨の日は乗りません。
MTBで濡れるの覚悟で遊びで走り回るのは楽しそうですけどね。いつか挑戦してみたいです。

しばらく仕事用のバンに積みっぱなしになっていた愛車を見るとパンクしていました。この間もそうでしたが、ちょっと乗らない時間があるとスローパンクが見つかって良いですね。今回は本当に小さい穴が見つかりました。

修理ついでに前後輪のタイヤを入れ替えてローテーション。固定ギヤに乗っていると後輪の消耗が激しいのは仕方ないですが、擦り減った後輪を前に持って行って少しでも長く使おうという貧乏性な人間はあまりいないかもしれない。

ついでに振れとりをしたり、掃除をしたりといじっていると乗りたくてたまらなくなります。先日、仕事で都内を車で走っている時にピストに乗っている女の子を見かけました。カトンボのような華奢な体でなんとか乗りこなしている姿がけなげで思わず見とれましたが、その時も猛烈に自転車に乗りたくなりました。

同族意識を刺激されるのでしょうかね、僕が乗っても自転車をいじめているようにしか見えないと思いますので、とても同族とは思ってもらえないとは思いますが。

左斜め下こちらのブログもよろしければ
Antique Shop Diary
| fixie | 12:19 | comments(0) | trackbacks(0)
パンク修理
bad patch
先日いつの間にかパンクしていた三連勝のチューブをチェックしてみると、とんでもない事になっていた。やはり、しっかりした穴がダブルであいているのにクイックパッチでは役不足だったようです。
 休みの日にパイプ煙草を買いに行くついでに世田谷の長谷川さんの隣りのツバサ自転車さんに寄って、普通のパッチを手に入れました。ついでに切れかけていたストラップも新調。

good patch & MKS strap
今までつけていたクリストフのストラップはあっという間に駄目になったんだけど、やっぱりチューブラをサドルに縛り付けたりする役目ぐらいしか果たせない代物らしい。そう言えばそうだったかもしれない。忘れてました。

ちょこっと、今流行りのピ○トブームの話題になったのですが、彼らはスケボーの感覚で自転車も遊んでいるからまるっきり話が通じないねとおっしゃってました。そうかもしれない。そう言う人たちにしてみればスケボーよりも遠くに行ける面白い遊び道具という事で、まず自転車ありきではないんでしょうね。

 といって、そういう楽しみ方を否定する気は全然ないけども(知り合いになったらちょっとトリックとか教えてもらいたい)自分の場合はどうして固定ギアに乗り出したんだったかなあと、ちょっと考えてしまいましたね。自分はどこにでも行ける道具として乗っているのですが(まあ、遠乗りはしてもせいぜい一日100キロ前後ですが)、きっかけはこれと言ってはっきりしませんね。いろんな事があって、どんどん関心が高まったという事でしょう。モータージャーナリストの下野さんの記事を読んだり("男は黙って固定ギア")、古いイギリスの自転車に固定ギアのジャンルがある事を知ったり(商売がアンティーク屋なので古いものに関心があります)、アメリカのメッセンジャーのバイクライフを知ったりして、第一回のバイシクルフィルムフェスティバル東京に行ってみたり、相談できる自転車屋さんを知ったりして、どんどん試してみたくなったという所でしょうか。普段着で日常的にロードバイクを転がすスタイルも良いなあと思いましたし。

 きっかけはともかく一度固定ギアに乗ってしまうと殆どの人がその独特のライディングフィールにはまってしまうんじゃないでしょうか。自転車って本当に面白いよねという事で良いと思うんですが、最近はなんだかややこしい状況も生まれているようですね。

自転車と言う、何故か人を夢中にする魔法のアイテムを中心に、いろんなライフスタイルの人がフラットに交流できる環境が盛り上がりつつあったような気がしていたんですが、これからはまた派閥的に分裂して行くんでしょうか?まあアンダーグランドも良いでしょう、そのほうが変に良識派をきどるよりは正直な場合もあるでしょう。願わくば、そういう方向も含めて他人の趣味嗜好に対する許容度、寛容度が狭くならないようにあって欲しいものです。

無理に人や社会と迎合する事は無いと思うのですが、この辺のバランス感覚は我々日本人には一番足りない所のようです。なんだか難しい話で終わってしまいました。
| fixie | 21:44 | comments(2) | trackbacks(0)
rain again
Rain again
脇腹の痛みも激痛から鈍痛に変わってきたので、また自転車に乗り始めた矢先。
またまた降られました。ここのところ良く雨に降られます。

以前は今日は絶対降らないと決めつけて、気合いを入れて走り出せば絶対に降られなかったのに。最近は気合いが足りないのでしょうか?

この間から写真をflickrにアップしたものとリンクして載せたりしています
写真をクリックするとflickrっつう、写真共有サーバーみたいな所に飛びますが心配しないでください。僕のアカウントページです。写真の上のAll Sizesという所をクリックすると大きい絵が見られる場合もあります。よろしく
| fixie | 11:07 | comments(2) | trackbacks(0)
脇腹肉離れ?

雨の日に体を冷やしたのがたたったのか、大した事はしていないのにふとした弾みに脇腹を痛めてしまった。困った、姿勢を変えると激痛があるので仕事にならない。それではと、仕事のサイトのリニューアルをと文章を考えるのですが、これもうまくいかない。不思議と考えがまとまらないです。一晩寝たら直ると信じて我慢してます。
| fixie | 18:40 | comments(2) | trackbacks(0)
ブレーキレバー変更

フィックスギアに乗っているとついついブレーキを使わなくなりますね。タイヤが減ってもったいないし、安全面からももっと積極的にブレーキを使おうと思うのですがついつい面倒で脚で止めてしまいます。

もっと使いやすいらくちんな位置にブレーキレバーが有ればもっと使うかもと思って、写真の位置に移動してみました。ここだと、角の所を握っていても不精して握り変えずに下から指をかける事も可能です。その辺のハンドルの曲がり鼻を持っている事が多いですね。それに、ブレーキング時に前過重になりすぎないので思い切ってかけやすいようです。(ジャックナイフも安心)

本当はもうちょっと格好良いギドネットレバーをつけたい所ですが、とりあえず我慢。それにしても、なんか段々とノンジャンルな自転車になりつつ有りますね。ピストじゃないしロードレーサーでもない。ギア比はママチャリ並みだし。でも、ますますこいつに愛着がわいてきました。
| fixie | 10:59 | comments(2) | trackbacks(0)
ハンガーノック気がつきません
けっこう集中して仕事をこなし続けて、気がつくと夜も10時を回っていた。
一区切りついたし,今日はこれまでと自転車に跨がりました。

どんなに疲れていても,帰り道が登り坂でも、自転車に乗っていると機嫌が良くなります。フィックスギアに乗り始めてからは、それがかなり顕著です。気がつくと訳の分からない鼻歌まで歌っていたりする。(馬鹿みたいだ)

家も近くなり最後の下りで,何となく下ハンに持ち替えて脚を廻して行こうとした時です。自転車がよろけるのです。まるで芯の狂ったフレームのようです。あれっ、リヤアクスルがずれたかなと思いました。なにぶん,トラックエンドではなく普通のロードエンドの自転車ですので。

そのまま家に着いてしまったので,点検したのですが何ともありません。立ち上がって歩き始めると何かふらふらします。なんとふらついていたのは自分の体でした。

うーん,何だろう,そんなに疲れていないけどなあと思いつつ晩飯を食っていると,通りがかった父親に昼飯はちゃんと食ったのかと聞かれました。普段は握り飯を自分で握って仕事場に持って行くのですが,今日のように休みの日に仕事場に行く時は持たないで出かけるのを知っているので,心配してくれているのです。

それで気がつきました。きょうは、まともな飯を食っていなかった事に。
なんと腹が減っていただけのようです。
そう思うと今飯を食っている最中なのに猛烈にお腹がすいてきました。

うーん,馬鹿みたいだ。へろへろな状態でニタニタしながら自転車をこいでいる俺って何?
| fixie | 01:20 | comments(2) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE